« Longhorn Graphics | Main | TECRA M4 »

2005.05.05

Longhorn build 5048

WinHEC で配られた Longhorn build 5048 は MSDN では公開されないことになった。残念。だが、分かる気もする。

Longhorn は .NET だ、と言っても、あくまで上位 API の話。ドライバはもちろん unmanaged。ということは、どこかで線を引かなければならない。

カーネルはすべて unmanaged として、user をすべて .NET 化、というのも形としてはきれいだが、互換性を考えるとありえそうにない。ほとんどの人が使う API の直下まで unmanaged にするのがパフォーマンス的には一番よさそう。それが 前出の Avalon の構成 になっているのかもしれない。

WinHEC はあくまでハードウェア開発者向け。ハードウェアとドライバの API を固めて、開発にかかれるようにするのが最大の目標。なので、5048 はその部分に注力してあって、上のほうは固まっていないので、混乱や不要な落胆を避けるために配らない、というのは理にかなっている。

理にはかなっているが、、、残念。

|

« Longhorn Graphics | Main | TECRA M4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2111/3991387

Listed below are links to weblogs that reference Longhorn build 5048:

« Longhorn Graphics | Main | TECRA M4 »