« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.18

Longhorn と XP の違い

4 月末の WinHEC で Longhorn CTP が配られる、という話から最近 Longhorn の話題が増えているが、Avalon/Indigo が XP/Windows 2003 に載ることに加え、IE 7.0 が Longhorn から分離されたこともあり、Longhorn って何? という話をよく聞きます。C# MVP の中さんの blog とか。

推測同士で話していても、という気もしますが、Avalon はあくまで API。USER/GDI の置き換えに過ぎず、シェルではありません。

Win95 と NT 3.x を比べれば、同じ Win32 API を持ち、両方で動作するアプリケーションを書けるようにしておきながら、カーネルとシェルはまったく別物でした。

今回は NT 5.x と NT 6.x なので Win9x と比べた時ほどの違いはありませんが、それでもカーネルが異なり、シェルが違えば、十分に違う OS であり、その OS 用に書いたアプリケーションが XP でも動作する、というのは、製品のプランニング上からすれば非常にうれしい。Windows 2000 からカーネルのバージョンが製品名から外れたので分かりづらいですが、

  • NT 5.0 -- Windows 2000
  • NT 5.1 -- Windows XP
  • NT 5.2 -- Windwos Server 2003
  • NT 6.0 -- Longhorn

十分に違うカーネルであることはバージョン番号からも分かると思います。

MacOS 9 から MacOS X になった時も、開発者は早く新しい MacOS X を使いたくても、ユーザーが移行してくるまでなかなか製品は作れなかった。新しい API を使って製品開発をしても、XP ユーザーも対象にできる、という点で、開発者としてはうれしい限りではないかと。

| | Comments (119) | TrackBack (5)

« January 2005 | Main | March 2005 »